スポンサードリンク

自分の実力など、たかが知れていると分かっている人が最強なのだ。

アイデアのヒント249(加筆・修正):自分の実力など、たかが知れていると分かっている人が最強なのだ。

無欲の勝利というのは本当にある。競合やライバルとの「戦い」は避け、自分との「闘い」に集中してコツコツとものごとを進めておくと、ある日幸運が突如舞い降りてくる。

ひとりひとりにオリジナルの神さまが宿っているのだから、あなたが夢を願って動けば、運命をカスタマイズしてくれるのだ。人生を最適化しよう。

自分の実力など、たかが知れていると分かっている人が最強なのだ。



自分自身は、たまたま見えない力に支えられて生き延びてきた。幸運を受け入れる準備ができていたからこそ、
さまざまな困難に直面しても、最小限の被害ですませることができたのだ。


そういった実力以外の力の存在を信じていなければ、これから訪れる様々な局面を乗り切れるはずもない。

本当に人間力に優れている人は、己との闘いに、頻繁に勝利をおさめている人物のことを言うのだ。

自らのライティング技術を疑ってみる。

アイデアのヒント248(加筆・修正):自らのライティング技術を疑ってみる。


アイデアは積極的に考え続けることで、ある日突然ひらめくものだ。大切なのはすぐにスマフォや自分のメアドへ、または手描きでメモをとることだ。

何かを成すには、肯定的に自分を信じることが大切だが、自分の記憶力を過信することほど愚かなことはない。メモの蓄積がアウトプットの基本を成す元素のような蓄積財産であり、あなたらしい言葉で表現すると、収入を伴う仕事につながり、経済的にも豊かに変っていく。

例えば、記事を書く、ブログを更新する、メルマガを発行するといった文章を書くライティング技術は、今や誰もが持っている能力のひとつだ。

ただ、違うのは、自分で書いているその記事が、一定の読者を満足させられる水準にあるのか否か、誰も正しい答えを返してくれないことだ。

脳は、忘れるようにできている。

アイデアのヒント247(加筆・修正):脳は、忘れるようにできている。

今のあなたが本当に必要な情報は、すでに家の中にあることが多い。本棚、机の上、引き出しの中の日記やノート、PCのフォルダ内のテキストやPDFデータ、プリントアウトしたもの、TVCM連動の今朝の新聞広告、保護メールや掲示板… 脳はあらゆるデータのタイトルを記憶しているわけではないことに注目したい。
最新情報は、海外のウェブサイトも同時にチェックすることで比較検討することが可能だ。

付き合う人間で、あなたの人生が決まる。

アイデアのヒント246(加筆):付き合う人間で、あなたの人生が決まる。

しっかりした価値判断のできる人と付き合うのが良い。遊びでも仕事でも、約束の時間を守れる人かどうか、意味のないものに散財しない人かどうか、言動に一貫性がある人かどうか、心を込めて誠心誠意仕事に打ち込んでいる人かどうか…生き方に誇りを持っている人かどうか。そして預貯金がある人かどうか。
タグ:人生 人間

今あるものに感謝すれば希望が生まれる。

アイデアのヒント245(加筆):今あるものに感謝すれば希望が生まれる。

人生は希望を持ち続けることで楽しく変わる。今、あなたが在る情況はすべて自分で作ってきたのだから、より良い情況へ向うためには、あなたが作り変えていくしかない。失ったものより残ったものに焦点を当てて、内容をノートに書き出してみよう。今あるものに感謝すれば、きっと希望が見えてくるはずだ。
タグ:感謝 希望

必然的出来事をメモに残そう

アイデアのヒント244:必然的出来事をメモに残そう

身の周りに起こることはすべて必然である。良いこと悪いことの判断は考え方次第だ。物事を肯定的に考える訓練を日々続け、習慣化してしまえば、それがあなたの強い武器となる。想像力を身に付けるには記憶力に頼らず、その場でメモを残しておくことだ。あとで莫大な利益のヒントを生む。
タグ:必然 メモ

相手に焦点を当てて考えよう。

アイデアのヒント243:相手に焦点を当てて考えよう。

心配するとは、心配りをすることだ。あなたが自分のことばかり考えて人に接する時、メッセージはうまく伝わらず仕事も商いも勉強もはかどることはない。相手に焦点を当てて考えよう。心を配るのは周囲に対しての思いやりであり、気配りである。売り上げがあがるかどうかの心配よりもお客様へのアフターフォローに気を配ろう。

幸せとは時間を有意義に過ごすこと

アイデアのヒント242:幸せとは時間を有意義に過ごすこと

幸せとは日々の生活の中に、あなたらしく過ごせる時間を発見して育むことである。時間が長ければいいというものでもなく、むしろ限られた時間を有意義に過ごせるようにしたい。常に次の目標を考えながら、楽しく夢を実現していく、喜びに満ちあふれた人生になるよう努力を重ねたいものだ。

情報格差を考えて、表現を易しくする。

アイデアのヒント241:情報格差を考えて、表現を易しくする。

PCの知識や操作は人によって違う。これを[デジタル・デバイド=情報格差]と言う。ひとつの記事が企業向けであるなら、専門用語を使うほうが簡潔。ただし一般ユーザー向けに伝えたい内容なら、小学3年生でもわかる優しい言葉づかいや表現で、語りかけるように書くのがいい。これ位はわかってくれるだろうと考えることをエゴと言う。

気配りが長期繁栄をもたらす

アイデアのヒント240:気配りが長期繁栄をもたらす

気配り上手な人は、実は自分に自信がある人が多い。人の動向に意識を向け、周りのすべての情報を、自分の目標達成のために使う術を知っているからだ。人が困っていることや悩んでいることは何か?といつも考えている。人の役に立つことを考え実行することが、最も長期繁栄をもたらすことを知っているのだ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。