スポンサードリンク

自らのライティング技術を疑ってみる。

アイデアのヒント248(加筆・修正):自らのライティング技術を疑ってみる。


アイデアは積極的に考え続けることで、ある日突然ひらめくものだ。大切なのはすぐにスマフォや自分のメアドへ、または手描きでメモをとることだ。

何かを成すには、肯定的に自分を信じることが大切だが、自分の記憶力を過信することほど愚かなことはない。メモの蓄積がアウトプットの基本を成す元素のような蓄積財産であり、あなたらしい言葉で表現すると、収入を伴う仕事につながり、経済的にも豊かに変っていく。

例えば、記事を書く、ブログを更新する、メルマガを発行するといった文章を書くライティング技術は、今や誰もが持っている能力のひとつだ。

ただ、違うのは、自分で書いているその記事が、一定の読者を満足させられる水準にあるのか否か、誰も正しい答えを返してくれないことだ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。