スポンサードリンク

情報格差を考えて、表現を易しくする。

アイデアのヒント241:情報格差を考えて、表現を易しくする。

PCの知識や操作は人によって違う。これを[デジタル・デバイド=情報格差]と言う。ひとつの記事が企業向けであるなら、専門用語を使うほうが簡潔。ただし一般ユーザー向けに伝えたい内容なら、小学3年生でもわかる優しい言葉づかいや表現で、語りかけるように書くのがいい。これ位はわかってくれるだろうと考えることをエゴと言う。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。