スポンサードリンク

商いの基礎をゆっくり

アイデアのヒント202

商いの基礎をゆっくり築いて、基本に忠実に、お客様が喜ぶコトやモノを、提供し続けること。クレームをチャンスと捉えて、改善と改良に努めること。同業者だけでなく、異業種の偉人の軌跡をたどり、自分を高める糧とすること。

100万分の1mmは1nm

アイデアのヒント197

100万分の1mmは、1nm[ナノメータ]だ。将来ナノレベルサイズの医療ロボットが、内蔵や血管の中を自由に泳いで治療してくれる時代がやって来る。未来に役立つアイデアは、この極小サイズ世界の事を考えながら、同時に宇宙 約140億年の歴史を学びながら生み出していきたい。

「素」ラーメンに学ぼう

アイデアのヒント195

「素」ラーメンに学ぼう。麺とスープの質と味が最高ならば、トッピングする具を選ぶのは顧客の自由だ。ネギが嫌いな人と同じくチャーシューが苦手な人もいる。土台となるベースの品質改善に取り組み、正当な価格帯と粉飾のないサービスを心掛ける。

コンセントのある場所なら

アイデアのヒント194

コンセントのある場所なら、世界のどこにいてもPCからインターネット接続できるように変わってきている。近未来、有料サービスの何割かは無料になり、PCのモニタもエアータイプにとって代わるだろう。デスクトップ画面に考えうる全てのイメージを表示しておこう。

相手の望むものを読む

アイデアのヒント187

人の心の中を、勝手に解釈して表現の幅を狭めてはならない。テキストで読みたいのにデータが画像だったり、音声データや映像データの場合がある。相手の望むものを、望むカタチで提供できないのは商売とは言えない。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。